薬剤師ってどんな仕事

---薬剤師の仕事と言うとドラッグストアなどで
薬を選んでいるイメージが強いのですが、
実際にはどんな仕事をするのでしょうか?

薬剤師の職場は大きく分けると4つありまして、
ひとつは調剤薬局、ふたつめはドラックストア、みっつめは病院、
最後に製薬メーカーで勤務の4つとなります。

まずは調剤薬局の勤務について話していきますね。
薬剤師としての就職先の半分以上が、この調剤薬局という
カタチになりますね。

調剤薬局ってのは、病院やクリニックの側にあるんですが、
患者さんが病院やクリニックに行った後、処方箋を引き受けるのが
調剤薬局での主な薬剤師のお仕事となります。

処方箋に基づいて患者さんに説明しておくすりを渡す。
病院で診察した後、隣の薬屋さんで処方してもらった経験が
あるならば「ああ、アレか」ってすぐにわかると思います。

次にドラッグストアだと完全に販売員となります。
たとえば「●×薬局さん」だと、ドラッグストアがあって
中でスーパーも併設されています。

よって、薬剤師が薬以外のモノを販売することもあります。
トイレットペーパーとかですね。

逆に言えば、薬剤師が薬だけを売っているドラッグストアは
まず無いですね(^^

3つめの病院に関してですが、これは病院の入院患者さんへの
調剤となります。

ドクターが午前中に病院を回って、そこで出た情報を元に
薬を処方する。

出来上がったらその薬を持って、患者さんのトコロをまわり、
薬の説明をして渡していくというカタチです。

最後のメーカーに関してですけど、これは製薬メーカーで
あったり、卸業者であったり色々と分かれるんですが、
製薬メーカーの研究職であると、薬剤師の資格は無くても
大丈夫なんですが、薬剤師の資格を持っているヒトも
働いていることが多いです。

それは研究が終わると治験となるわけですが、
治験は外注さんに依頼しているところが多いんですね。
そのときは薬剤師の方が治験薬を持って、
病院を回ってデータを取りに行くことになります。

>> 口コミ人気、ダントツNO1の日本調剤ファルマスタッフ

 
Copyright (C) 薬剤師の派遣・転職Q&A!パート・アルバイトも参考にしてね!. All rights reserved